クッキリ二重にする方法は?目ザイク&二重術の方法を紹介

くっきり 二重 方法
一重さんや奥二重さんの悩みは、クッキリした二重ラインと大きな瞳が欲しいことかもしれません。そこで、二重ラインを作る為に、アイプチやアイテープなどの二重アイテムを使用したり、アイメイクの研究に励んでいる方もいると思います。今回は、クッキリ二重にする方法にはどんなものがあるか?二重術について解説します。

二重ラインをゲットする方法

二重ラインは、上まぶたが折り重なってシワが出来ている状態です。このシワの線が二重ラインになっている訳です。シワはクセがついて元に戻らない現象です。このまぶたの重なりを人為的にクセつけするのが二重術の方法です。

二重術①自力でクセつけ永続的二重ライン?

二重 スプーンスプーンやマッサージなどで二重ラインをクセつけして二重ラインを作る方法がネットなどで紹介されていますが?上手くクセ付けして二重ラインにするのは難しいようです。シワは皮膚の老化現象ですので高齢者に出来ます。奥二重の方が高齢者になると、中にはクッキリした二重ラインになる方も稀にいます。しかし、若い方には偶然の産物に近い二重術と思われます。

二重術②アイプチなどの二重アイテム使用

一番ポピュラーの方法です、アイプチ(二重のりの商品名)は数十年前からある二重ラインをつくるマストアイテムです。この他に、アイテープやファイバーなどが現在の二重ブームをけん引しています。

二重術③美容クリニックで二重整形

日本のクリニックでの二重整形は、実は100年前から行われている安全性の高い二重術です。メスを使った切開法とメスを使わない切らない二重整形の埋没法二つに分かれます。

目ザイクで二重ラインを作る!二重アイテムの種類

二重ラインといったら、二重まぶたが自分で作れる、アイテープやファイバーなどの二重アイテムです。二重アイテムの種類と特徴、注意点を解説します。

○アイプチ&二重のり

アイプチ 二重のり二重ラインを作る目ザイクの中では、一番古くからあるアイテムがアイプチ(二重のり)です。以前は、かぶれたり、二重ラインを作っても、直ぐ取れてしまうのが残念でしたが?現在の二重のりは、塗るアイテープと言われるように、二重ラインをしっかりキープしてくれます。

また、材料にゴム原料を使用して弾力性をもたせた二重のりもあって、以前の二重のりのように張り付いて、まぶたが閉じずにバレる心配がありません。さらに、寝る前に塗って二重ラインを形状記憶するタイプ、のりが渇くとフィルムになるタイプもあり、アイプチ&二重のりは進化しているようです。

○二重用アイテープ

目ザイクブームを造ったと言っても過言ではないのがアイテープです。張るだけで簡単に二重ラインが出来てしまう優れものです。日によって二重ラインが変動してしまう奥二重さんにおすすめのアイテムです。現在は、美容クリニック監修の幅広平行二重専用の二重テープや、ねこ目用やタレ目用のアイテープもあり、アイメイクの手間も省いてくれる便利アイテムです。

○二重用ファイバー

二重ラインの幅を大きく平行二重にしたい時に、おすすめなのがファイバーです。慣れるまではコツが要りますが、慣れてしまえば強力に二重ラインをキープしてくれます。医療現場でも使われている素材なので安心です。しかし、幅広の二重ラインを長時間キープしたくて、まぶたにキツクくい込ませ過ぎると、違和感が出たり、眼球に圧がかかり目元トラブルに繋がる可能性もあります。

○絆創膏(バンソウコウ)

絆創膏 二重 やり方こちらの記事で以前紹介しましたが、メザイクのなかでは、切ったり張ったりコツと手間が一番かかるのが絆創膏です。しかし、家にあるもので目ザイクが出来てしまうコストパフォーマンスに優れたアイテムです。絆創膏は、肌につけたまま長時間使用を前提にしているので、寝る時も絆創膏を張って二重ラインを作ったまま寝れば、二重ラインのクセがついて、低確率ですが永続的に二重ラインが出来る可能性もあります?しかし、違和感が出たり眠れない場合は、使用を中止しましょう。

ポイント日本人の大半が一重さんや奥二重の方で、二重まぶたにしたいと思っている女子は多いようです。しかし、二重ラインへの拘りが強すぎて、ご自分の顔にマッチするか考慮していない方もいて、二重整形をしたあとに、こんなはずではなかった?と後悔する方も中にはいるようです。そんな方の為に、美容クリニックでは、保証制度を設けています。二重埋没法なら糸をとって抜糸すれば元に戻せます。二重埋没法の施術を検討している方は、保証内容と保証期間は必ず確認しましょう。

クリニックにおける二重術 の種類

病院 医師二重整形は100年前から行われている安全性の高い手術です。また、二重整形は日本を中心に発達した技術だということをご存知ですか?欧米人は二重まぶたで鼻が高い方が大半です。この為、二重整形と鼻を高くする隆鼻術は、100年以上も前から日本を中心に発展してきました。

クリニックの二重術!埋没法

埋没法は、切らない二重整形といわれるように、医療用の糸をまぶたの中に残して、抜糸せず、まぶたが折り重なる仕組みを利用して二重ラインを作ります。約100年前に逆さまつ毛の治療を応用して生まれました。気に入らない場合、抜糸して簡単に元にもどせるのがメリットです。現在、クリニックにおける二重術の主流になっています。

クリニックの二重術!切開法

切開法は、メスでまぶたを切開して、縫合して組織を癒着させて二重まぶたをつくります。切開して縫合するので手術後に抜糸が必要になります。昭和期にメインで行われていた二重術です。切開法は、同時にまぶたの脂肪吸引や筋肉の切除も出来るので、確実に希望する二重ラインに近づきます。しかし、術後の腫れや痛みといったダウンタイムがあり、簡単に元に戻す事が出来ないのがデメリットです。

目ザイク&二重術の方法(まとめ)

二重アイテムを使い二重ラインを造っている、一重さんや奥二重の方も多いはずです。しかし、一重さんでまぶたが厚い方などは、二重ラインがキープ出来なかったり、目元トラブルに繋がってしまう方もいます。クリニックの二重術である埋没法なら10分前後で施術が完了して料金も両目1万~3万円です。これを機会に二重埋没法を検討してみてはいかがでしょうか。

筆者紹介大手エステチェーン2社にて店舗開発の責任者として200店舗以上の出店業務を担当、日本でレーザー脱毛が普及し始めた90年代後半には、美容外科クリニック開設業務にも携わる。美容業界専門行政書士・AJESTHE美肌エキスパート(日本エステティック協会)


error: Content is protected !!