1万円以下の埋没法で大丈夫?二重術の料金相場は?

1万円

最近は、クリニックで二重まぶたを作るのが両目でも1万円以下でも出来るのをご存知ですか?二重まぶたのプチ整形といっても1万円以下じゃ激安過ぎて不安!?と思う女性もいるかもしれませんね。そこで今回は、二重埋没法の料金相場についいて解説します。

両目1万円以下の埋没法はクイック法1点留め

二重整形の埋没法が流行り出した20年前は、クイック法と言われるまぶたの中の瞼板に糸を1、2点留める施術でも両目10万円前後しました。現在の1万円以下で出来る埋没法は、どのような施術なのでしょうか?

プチ整形&脱毛ブームで二重施術もプライスダウン

今世紀、2000年代に入り医療レーザー脱毛やプチ整形ブームで、高校生まで美容外科や美容皮膚科といったクリニックに来るようになりました。このことによりニーズが高まれば、供給者(クリニック)も増加して、美容医療サービスは大半が自由診療の為クリニック間でも価格競争が起こるようになりました。脱毛料金を見れば分かるように、脱毛料金は20年前に比べると1/5~1/10前後にプライスダウンしております。

二重埋没法の場合、クリニックによって糸を通す組織や糸を留める箇所が違いますが、20年前はまぶたの中の瞼板という組織に糸を1箇所留めるクイック法でも10万円前後の施術料金だったので、二重埋没法も1/10にプライスダウンしているクリニックもあるようです。

両目1万円以下の埋没法!クイック法1点留め

両目1万円以下の二重埋没法は、まぶたの中に医療用の糸を通し、一箇所を留めるクイック法と言われる施術になります。施術時間は両目10分前後で完了します!これがクイック法の所以です。以前は、まぶたの中の瞼板という組織のみに糸を通すのが早く手術が完了するので、瞼板法の1、2点留めをクイック法と呼んでいました。しかし、瞼板とまぶたの上部にある挙筋と両方に糸を通すミックス法1点留めでも、クイック法として両目1万円以下で行うクリニックもあります。

1万円~10万円前後の埋没法!料金の違いは?

実は、1点留めクイック法でもクリニックによって両目1万円以下から5万円前後と施術料金に幅があります。これは何故でしょうか?ここではクリニックよって違う埋没法の料金について解説します。

埋没法は糸を留める点数によって料金と持続期間に差が出る

二重埋没法は、医療用の糸を留める点数によって、1点留めから4点留めまであります。4点留め以上は、多く留めても二重をキープする効果は変わらないようです。また、糸を留める点数が多い程、手術時間が多く必要で料金も上がります。上で紹介したクイック法1点留めの料金が安価なのはこの為です。しかし、没法の1点留めは、どの方にも適用できるとは限りません。

二重幅を広く取りたい方や、蒙古ヒダがあって一重の方、まぶたが厚くアイプチやファイバーで二重を造ってもすぐ取れてしまう方は、クイック法1点留めでは、二重ラインの持続期間が短くなったり、糸が取れてしまうリスクが高まります。埋没法のクイック法1点留めでは、二重ラインを作ることも困難な方もいます。

クイック法であっても、医師の判断に従い2~3点留めで行うのが、希望の二重ラインを造り、二重ラインをキープするポイントになります。

クイック法の料金の目安としては、下記のようになります。

  • 両目1点留め1万円前後
  • 両目2点留め3万~5万円前後
  • 両目3、4点留め5万~10万円前後

 

埋没法は保証によって料金が変動

埋没法の保証とは、二重ラインの幅が気に入らなかった場合、糸をかけ直し二重幅を変更したり、二重まぶた自体が気に入らなくて糸を取って抜糸するなど、再施術を無料で行うのが埋没法の保証内容になります。保証内容はクリニックよって異なります。また保証期間も術式やクリニックよって違います。二重まぶたが気に入らなくて、糸を外す抜糸の再施術は1年間無料というクリニックが多いようです。

しかし、糸をかけ直す再施術は、抜糸して糸をかけ直すので、最初の手術より時間と手間がかかり、クリニックには負担の大きい保証になります。この為、保証内容の充実や保証期間が長い程、手術料金に保証が含まれている場合は、手術料金が高額になります。クイック法1点留めでも両目の施術料金が5万円以上するクリニックがあるのは、保証が手術料金に含まれている為です。

クイック法(埋没法)の二重ラインの持続期間は3年~5年と言われております。高額な施術料金や高額なオプション料金を払ってまで、3年以上の保証をつける必要性は薄いかもしれません。

20万~30万前後の埋没法は二重ラインの持続期間が永続的!?

埋没法でも、クリニックによっては20万~30万円前後の手術料金がかかるクリニックもあります。この高額な埋没法はどんな二重術なのでしょうか?

20万~30万円の埋没法方は二重持続期間が長いスペシャル埋没法

多くのクリニックで5万円以下のクイック法から20万円以上するスペシャルな埋没法が施術メニューにあるようです。この20万~30万円前後の手術料金の違いは、二重ラインをキープする期間が10年以上の永続的であったり、何年でも何回でも再手術が可能な保証が充実している埋没法のようです。

このような埋没法は、使用する医療用の糸や針のグレードが違い、糸を通す組織や糸を留める箇所もそのクリニック独自の方法を採用して、永続的に二重ラインがキープできるように工夫されています。

二重術の料金相場は?(まとめ)

埋没法は3年~5年の二重持続期間と気に入らなければ抜糸してすぐ元の戻せるのがメリットです。最初は5万円以下の埋没法で様子をみてから、高額な埋没法や切開法にステップアップするのがベストかもしれません。いずれにせよ、施術料金だけに拘らず、カウンセリングでの医師の支持に従い、理想の二重ラインを手に入れましょう。

筆者紹介大手エステチェーン2社にて店舗開発の責任者として200店舗以上の出店業務を担当、日本でレーザー脱毛が普及し始めた90年代後半には、美容外科クリニック開設業務にも携わる。美容業界専門行政書士・AJESTHE美肌エキスパート(日本エステティック協会)


error: Content is protected !!