二重整形にするには?埋没法と切開法の違いについて

クリニックで二重まぶたにする女性が増えているようです。クリニックで二重まぶたにするには、大きく分けて二つの方法があります。埋没法と切開法です!今回は、この二つの二重整形の違いについて解説します。

クリニックの二重術・埋没法とは?

現在の二重ブームをけん引しているのは、切らない二重整形の埋没法です。埋没法はクリニックによって名称が違います。ここでは分かりやすいように埋没法を3パターンに分類して解説します。

埋没法の分類①糸を通す組織による分け方

埋没法は、まぶたの中にある組織や筋肉にナイロン製の医療用糸を通して抜糸せず、まぶたの中に糸を残して、まぶたが折れ重なる仕組みを利用して二重まぶたを作る方法です。

瞼板法(読み方:けんばんほう)

まぶたの裏にある瞼板という組織に糸を通して留めるのが瞼板法です。比較的早く手術が完了します。クイック法と言われる1点留めなら両目10分前後で手術が完了します。糸の通し方や留めかたについてはクリニックごとに異なります。

挙筋法(読み方:きょきんほう)

挙筋法は、まぶたの上部にある筋肉の上眼瞼挙筋に糸を通し留める方法です。まぶたの上部の筋肉に糸を通して留める為、眼球を傷つけるリスクが殆どなく、皮膚の中に糸が完全に隠れるので完全埋没法とも言われます。

ミックス法

瞼板と上眼瞼挙筋の両方に糸を通して留めます。瞼板法と挙筋法の両方のメリットが得られます。糸の通し方や留める組織はクリニックによって異なります。

埋没法の分類②糸を留める点数による分け方

埋没法は糸を留める点数によって二重ラインを作る効果と二重まぶたをキープする持続期間が変わってきます。1点留めから4点留めまであります。4点以上は多く留めても効果や持続期間は変わらないようです。糸を留める点数が多い程、手術時間が必要で手術料金もアップします。クイック法と言われる埋没法1点留めは、二重ラインを作る効果とキープ力が弱く、アイプチなので二重を造ってもすぐに元に戻ってしまう、頑固な一重まぶたの方には向いておりません。

埋没法の分類③手術料金による分け方

埋没法は、上で紹介したように、糸を留める点数が多いと手術時間が必要になり手術料金もアップします。

両目1万円前後の埋没法(クイック法)

両目1万円前後で受けられる埋没法は、上でも紹介した1点留め埋没法(クイック法)です。埋没法が流行りだした20年前は、クイック法の1、2点留めでも両目10万円前後は掛かりましたので、現在は可也リーズナブルになっています。

両目3万~10万円前後の埋没法(主流)

希望する二重ラインを作るには、あなたのまぶたに合わせて、糸を通す組織や糸を留める点数が変わってきます。また、埋没法は一般的に二重ラインのキープ期間は3~5年と言われております。同じ術式の埋没法でもクリニックによっては数万円の違いがあります。これは保証期間と保証内容によって手術料金に差が出ている訳です。

両目20万~30万円前後の埋没法

手術料金が20万円以上する埋没法は、二重ラインの持続期間が10年以上や永続的な二重ラインの持続期間を保証する、そのクリニックのスペシャルな埋没法です。使用する医療用の針や糸のグレードも違い、糸を通す組織や糸の留め方など、そのクリニック独自の方法を採用しているようです。

埋没法のメリットとデメリット

埋没法のメリット

  • 腫れや痛みなどダウンタイムが殆どない
  • 二重まぶたが気に入らなければ抜糸して元に戻せる
  • 二重ラインの変更など再施術が容易に出来る
  • クイック法(1点留め)なら両目1万円前後でリーズナブル
  • アイメイクや目ザイクの手間やコスト軽減

埋没法のデメリット

  • 人によっては(頑固な一重など)安価な埋没法は不向き
  • 眼瞼下垂症など目元トラブルのリスクが0ではない
  • 手術時期や二重幅により二重整形バレの可能性がある

クリニックの二重術・切開法とは?

メスを使用した重瞼術と言われる切開法は、日本では今から100年以上前の大正時代には行われていました。欧米人の大半の方は二重まぶたなので、二重整形は日本を中心に発展してきた技術です。

切開法の種類

全切開法

二重ラインに沿ってメスで切開します。脂肪や眼輪筋を切除できるので、蒙古ヒダがる一重まぶたの方や、脂肪が多くまぶたの厚い方でも、理想の二重ラインを作ることが可能です。切開ラインがそのまま二重ラインのように仕上がるので、切開部分はそれ程目立ちません。術後に腫れや痛みが残るダウンタイムがあり抜糸も必要です。

部分切開法

二重ラインに沿って1、2箇所(5ミリ程度)メスで切開します。切開部分から脂肪吸引もできるので、埋没法では困難な方でも理想の二重ラインに近づけます。こちらも切開ラインは二重ラインに馴染んで目立ちません。糸を残して埋没法をプラスする事も出来ます。切開法と埋没法の両方のメリットが得られるハイブリッド二重術も可能です。

切開法の手術時間と手術料金の相場

切開法の手術時間は、20~30分前後必要です。手術中は局部麻酔を使用するので、痛みはありませが、手術後は腫れや痛みが残ります。個人差や切開部分にもよりますが、2~3週間前後腫れが残るようです。切開法は手術後、約一週間後に抜糸が必要です。
切開法の手術料金相場としては全切開法、分部切開ともに両目で20万~30万円前後が目安になります。

切開法のメリット&デメリット

切開法のメリット

  • どんなタイプのまぶたの方でも希望の二重ラインが作りやすい
  • 永続的に二重まぶたがキープ出来る
  • アイメイクや目ザイクの手間やコスト軽減

切開法のデメリット

  • 二重ラインが気に入らない場合、元に戻すのが困難
  • 術後の腫れや痛みのダウンタイムがあり二重整形がバレやすい
  • 手術料金が高額

埋没法と切開法の違いについて(まとめ)

いかがでしたか?10年以上の永続的な二重まぶたを希望する場合、埋没法&切開法ともに予算は20万~30万円前後かかるようです。切開法は1度手術を受けると元にもどすのが困難です!最初は安価な埋没法で様子を見るのが理想の二重ラインに近づく安全策かもしれません。

筆者紹介大手エステチェーン2社にて店舗開発の責任者として200店舗以上の出店業務を担当、日本でレーザー脱毛が普及し始めた90年代後半には、美容外科クリニック開設業務にも携わる。美容業界専門行政書士・AJESTHE美肌エキスパート(日本エステティック協会)


error: Content is protected !!