埋没法と切開法のメリットデメリットとは(クイック法・全切開法・部分切開などの違いを解説)


美容外科やクリニックで二重まぶたにする女性が増えているようです。クリニックで行っている二重まぶたにする手術は、大きく分けて二つあります。埋没法と切開法です!今回は、この二つの二重整形の違いについて解説します。

クリニックの二重術・埋没法とは?

現在の二重ブームをけん引しているのは、切らない二重整形の埋没法です。「プチ整形」と呼ばれ、気軽に受けられるイメージの強い埋没法ですが、実はクリニックによって名称が違い、術式も違います。ここでは分かりやすいように埋没法を3パターンに分類して解説します。

埋没法の分類①糸を通す組織による分け方

埋没法は、まぶたの中にある組織や筋肉にナイロン製の医療用縫合糸を通して結び、そのまま抜糸せず、まぶたの中に糸を残す事で、まぶたが折れ重なり二重まぶたを作る方法です。

瞼板法(読み方:けんばんほう)

まぶたの裏にある瞼板という組織に糸を通して留めるのが瞼板法です。比較的早く手術が完了します。クイック法と言われる手法で糸の留め方が「1点留め」の場合、両目でも10分前後で手術が完了します。糸の通し方や留め方についてはクリニックごとに異なります。術後の腫れが少ない傾向があり万が一、元に戻したり再手術をする事になってしまった場合、挙筋法より抜糸し易いという特徴があります。

ただし、糸の位置が眼球に近く、術後はゴロゴロとした異物感を感じる方もいます。多くの場合は腫れが引くと共に症状は消失していきます。又、瞼板法では常に糸自体が張った状態で負荷がかかっているので、糸が取れてしまうリスクも挙筋法より高いと言われています。糸が眼球の方へ突出してしまうと黒目(角膜)を傷つけてしまう事も考えられます。

挙筋法(読み方:きょきんほう)

挙筋法は、まぶたの上部にある上眼瞼挙筋という筋肉に糸を通し留める方法です。これは生まれつきの二重まぶたの構造と同じであるため自然に近い状態の仕上がりにする事が出来ます。又、まぶたの上部の筋肉に糸を通して留める為、糸はまぶたに埋め込まれている状態となり眼球を傷つけるリスクが殆どありません。皮膚の中に糸が完全に隠れるので完全埋没法とも言われています。ただし、挙筋という筋肉は柔らかい性質であるため、固定を持続させる力が弱く糸が緩んでしまう事や術後の腫れが長引く傾向があります。瞼板法と比べるとダウンタイムは長くなるでしょう。

又、極まれにですが、眼瞼下垂症になる事もあります。これは上眼瞼挙筋がまぶたを開けるための筋肉である事からこの筋肉を糸で締め付ける事により、まぶたを開け難くなるからです。なにより重要なポイントとして「抜糸が困難」という事があります。前述した様に挙筋法は「完全埋没法」といわれる程に糸がまぶたに埋め込まれた状態です。再手術を希望する場合や、やっぱり元に戻したい時、抜糸する為に皮膚に小さな穴を開けなければならなくなる事も珍しくありません。

ミックス法

瞼板と上眼瞼挙筋の両方に糸を通して留めます。瞼板法と挙筋法の両方のメリットが得られます。糸の通し方や留める組織はクリニックによって異なります。施術前にしっかりとカウンセリングを受け、金額だけでなく手術内容やアフターケアも含めた内容の確認を行いましょう。複雑な術式であればあるほど、アフターケアは必衰です。

埋没法の分類②糸を留める点数による分け方

埋没法では糸を結んで留める箇所(点数)によって二重ラインを作る効果と二重まぶたをキープする持続期間が変わってきます。主に1点留めから4点留めまであり、4点以上は多く留めても効果や持続期間は変わらないとされています。当然ですが糸を留める点数が多い程、手術時間が必要であり、手術料金もアップします。二重ラインが維持する力が増すという事にもなりますが、まぶたへの負担も増えるので1点留めより多点留めの方が術後の腫れが増す傾向があります。

独自の技術で4点以上を留める方法を行っているクリニックもあるため、施術前に確認が必要です。クイック法と言われる埋没法1点留めは、短時間で手術が終わり低価格なのですが、二重ラインを作る効果とそれをキープする力が弱いというデメリットがあります。普段からアイプチなどで二重を造ってもすぐに元に戻ってしまう。という様な頑固な一重まぶたの方には向いていません。

埋没法の分類③手術料金による分け方

埋没法は、上記で紹介したように、糸を留める点数が多いと手術時間が必要になり、手術料金もアップします。料金の設定や表示方法も各クリニックによって様々です。例えばクイック法で両眼1万円という料金の中に術後の保証制度が含まれておらず、オプション設定が必要だった場合、実質的な支払金額は1万円以上になります。自分のまぶたの性状から、理想のまぶたになるためには、色々な方法がありその中のどれを選べばよいか?は大きなポイントになります。両眼1万円台!という広告を見て来院しても、説明を聞くうちに自分のまぶたにはクイック法だとリスクが高い事が解り、予定外の手術代を出費する事になった。

というケースも少なくありません。低コストで短時間に終わらせたいのはもちろんですが、まぶたの状態には個人差があります。かならずしもクイック法で対応可能な場合ばかりではありません。まぶたの厚みなど性状に適した方法を選ぶと、どうしても糸を留める箇所が1ヵ所では足りないと予測される場合もあるのです。糸を留める点数と料金も事前に確認し、納得した上で施術に臨みましょう。

両目1万円前後の埋没法(クイック法)

両目1万円前後で受けられる埋没法は、前述した1点留めの埋没法(クイック法)です。埋没法が流行りだした20年前は、クイック法の1、2点留めでも両目10万円前後は掛かりましたので、現在はかなりリーズナブルになっています。

両目3万~10万円前後の埋没法(主流)

希望する二重ラインを作るには、個々のまぶたの性状に合わせて、糸を通す組織や糸を留める点数を決める必要があります。埋没法は一般的に二重ラインのキープ期間は3~5年と言われており、同じ術式の埋没法でもクリニックによって数万円の違いがあります。これは取り扱っている針や糸、保証期間と保証内容によって手術料金に違いが出ているのです。

両目20万~30万円前後の埋没法

手術料金が20万円以上する埋没法は、二重ラインの持続期間が10年以上ある方法や永続的な二重ラインの持続期間を保証する、そのクリニック独自の埋没法です。使用する医療用の針や糸のグレードも違い、糸を通す組織や糸の留め方など、独自に開発したオリジナルの方法を採用しているようです。

埋没法のメリットとデメリット

埋没法のメリット

  • 腫れや痛みなどダウンタイムが少ない
  • 二重まぶたが気に入らなかった場合、抜糸して元に戻せる
  • 二重ラインの変更など再施術が容易に出来る
  • クイック法(1点留め)なら両目1万円前後でリーズナブル
  • アイメイクや目ザイクの手間やコスト軽減

埋没法のデメリット

  • 人によっては(頑固な一重など)安価な埋没法は不向き
  • 眼瞼下垂症など目元トラブルのリスクが0ではない
  • 手術時期や二重幅により施術を受けた事がバレる可能性がある

クリニックの二重術・切開法とは?

メスを使用して行う重瞼術と言われる切開法は、埋没法が行われる様になる大分昔から取り入れられており日本では100年以上前の大正時代にはすでに行われていました。欧米人の大半の方は二重まぶたなので、二重整形は国民の7割が一重である日本を中心に発展してきた技術です。

切開法の種類

全切開法

二重ラインに沿ってメスで切開します。脂肪や眼輪筋を切除できるので、蒙古ヒダがある一重まぶたの方や、脂肪が多くまぶたの厚い方でも、理想の二重ラインを作ることが可能です。切開ラインがそのまま二重ラインのように仕上がるので、傷あとはそれ程目立ちませんし埋没法の様に元に戻ってしまう事は殆どありません。術後に腫れや痛みが残るダウンタイムがあり抜糸も必要です。

部分切開法

二重ラインに沿って1、2箇所(5ミリ程度)メスで切開します。この切開部分から脂肪吸引もできるので、まぶたの脂肪が厚いなど埋没法では困難な方でも理想の二重ラインに近づけます。こちらも切開ラインは二重ラインに馴染んでいくので術後に目立つ事はありません。糸を残して埋没法をプラスする事も出来ます。切開法と埋没法の両方のメリットが得られるハイブリッド二重術も可能です。

切開法の手術時間と料金の相場

切開法の手術時間は、20~30分前後です。手術中は局部麻酔を使用するので、痛みはありませが、手術後のダウンタイムには腫れや痛みがあります。個人差があり切開部分にもよりますが、2~3週間前後腫れが残るようです。又、切開法では手術後、約一週間後に抜糸が必要となります。
切開法の手術料金相場としては全切開法、分部切開ともに両目で20万~30万円前後が目安になります。

切開法のメリット&デメリット

切開法のメリット

  • どんなタイプのまぶたの方でも希望の二重ラインが作りやすい
  • 永続的に二重まぶたがキープ出来る
  • アイメイクや目ザイクの手間やコスト軽減

切開法のデメリット

  • 仕上がりの二重ラインが気に入らない場合、元に戻すのが困難
  • 術後は腫れや痛みによるダウンタイムがあり二重整形がバレやすい
  • 手術料金が高額

埋没法と切開法の違いについて(まとめ)

いかがでしたか?10年以上の永続的な二重まぶたを希望する場合、埋没法&切開法ともに予算は20万~30万円前後かかると考えた方がよい様です。切開法は1度手術を受けると後から元に戻すのが困難で、埋没法と違い、基本的に元に戻す事を前提にしていません。二重整形術を受けたいと考えた場合、最初は安価な埋没法を経験してからでも遅くはありません。ダウンタイムや料金を考慮し、それでもやはり永久的な二重を手に入れたいと考えた場合に、切開法を視野に入れるという順番で理想の二重ラインに近づく事が安全策かもしれません。

筆者紹介大手エステチェーン2社にて店舗開発の責任者として200店舗以上の出店業務を担当、日本でレーザー脱毛が普及し始めた90年代後半には、美容外科クリニック開設業務にも携わる。美容業界専門行政書士・AJESTHE美肌エキスパート(日本エステティック協会)