二重整形は50代でもできる?整形した場合、老後はどうなる?

二重整形は50代でもできる?整形した場合、老後はどうなる?若い年齢層をイメージしがちな美容整形ですが、実際は50代以降に初めて来院し、施術を受ける人も少なくありません。

巷では「美魔女」や「熟女」などといった40代以上の女性に対して美しさを表す言葉も産まれています。人生100年時代と考えると50代は折り返し地点。まだまだそこから様々な事に挑戦していく年代です。

この年代で受ける美容整形術は「アンチエイジング」が目的となっている場合が多く、若年層とは求める「理想」や「未来」が異なります。

この記事では50代で施術を受ける時のリスクやメリット・デメリット。気になる老後についてなど現場で多く聞かれる疑問・質問・不安について詳しく解説していきます。

どんな人でも加齢によってまぶたが下がる

どんな人でも加齢と共にまぶたが下がります。紫外線の影響と、上まぶたの伸び縮みに関係する組織が薄くなり、伸びてしまう事が原因です。

夏になると特にですが「紫外線からお肌を守りましょう」という言葉を耳にする機会が増えますよね。これは紫外線が肌の繊維芽細胞(せんいがさいぼう)にダメージを与える事が理由です。

この繊維芽細胞こそが美肌・美白のキーワードに欠かせない「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」を生成しています。紫外線のダメージを受け、細胞の活動が弱くなると「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」の量は減るだけでなく、細胞自体の数も減ってしまうのです。

しかし、現実的にはどんなに対策を行なっていても完全に防ぐ事は難しく、防ぎきれなかった僅かな紫外線の蓄積からダメージを受ける事もあります。

これらは個人差がありますが、ごく自然に誰にでも起こっている現象で、特別な事ではありません。つまり二重整形術を受けた経験があったとしても、まぶたは加齢と共に変化していきます。

術式や担当医の技術にもよりますが、10年、20年経った時に「目元だけが全く変化せず施術当時のまま」という不自然な状態にはなりません。もちろん施術経験がある事が原因で目元の加齢だけが異常に進むという事も起こりえないのです。

50代でも二重整形は可能!初めてなら埋没法がおすすめ

50代でも二重美容整形を受ける事は可能です。まぶたの状態にもよりますが、初めて受ける施術は「埋没法」を選び、その後「切開法」を検討されるケースは多く見られます。

埋没法はメスを使わず、糸だけで二重のラインを保持しているため、元に戻す事や修正する事が比較的簡単です。施術時間も短く美容整形術の中では安価で「プチ整形」として幅広い年齢層に支持されています。

その手軽さの反面、自分の意思とは関係ないタイミングで糸が取れてしまい、満足していた二重まぶたが「無かった事」になってしまうのがデメリットです。

逆に「二度と元に戻らない事」をメリットとして考えるのが切開法です。まぶたを切り、傷が治る過程を利用して二重ラインを作っていくため、修正が難しくなります。

もし「やっぱり元のまぶたに戻して欲しい」と思っても、術前と全く同じ状態にする事は困難です。このリスクを考え、埋没法を選ぶ人が多いのですが、50代以上の方には切開法をおすすめしています。

確かに修正が難しいというデメリットはありますが、たるみの除去など他の施術を同時に行う事が可能です。これらの処置を同時に行えるメリットは大きく、結果的には理想の目元を長期間維持する事に繋がります。

二重整形をしたまぶたは老後どうなる?施術方法ごとに解説

二重美容整形はとっても気になるけど、老後が心配で一歩踏み出せない。そう不安に思っている方は多いのでは無いでしょうか?どんな施術を受けた場合にも共通しているのは、「患部(施術した部分)も、ちゃんと年を取っていく」という事です。

加齢に伴った皮膚の変化には毎日の生活習慣や生まれ持った体質など、多くの因子が関係しています。例えば、年齢と共に皮下脂肪が増えたり、明らかに肥満傾向となっていく人は、必然的にまぶたにも脂肪がつきます。

人間は加齢と共に抱える疾患も多くなり、運動量や食事摂取量もそれに左右される生き物です。まぶたも例外なくその影響を受けながら変化していきます。

では、施術によって受ける影響とはどんな事が考えられ、具体的にどのように変化していくのでしょうか?術式ごとに事なる老後への影響や、まぶたの変化を考えていきます。

埋没法で施術した場合

埋没法を受けた場合、老後に考えられる影響は「二重ラインが薄くなる事」「二重幅が狭くなる事」です。持続期間には個人差も大きく、まぶたの状態や、留めている糸の数によっても違いが現れます。

前述した通り、この施術は「糸を取ると元に戻せる事」「望まないタイミングで糸が取れてしまう可能性がある事」これが最大のメリットとデメリットです。

留めている糸の数が多いほどに持続性は上がりますが、同時に料金や術後のダウンタイムに必要な時間も増えてしまいます。一般的には5年までの間に外れたり、緩んでしまう場合が多く、このタイミングで切開法へ切り返る人も少なくありません。

埋没法は永久的ではなく、あくまでも「いつか取れてしまう事」を前提とした施術です。中には10年以上1点留めで二重ラインが持続している人もいるかもしれませんが、レアなケースだと考えた方がよいでしょう。

この施術は性質上どうしてもまぶたを動かすたびに、糸で留めている箇所の組織や、使用している糸自体に負荷がかかります。まぶたの開け閉めや、クセでまぶたを擦ってしまうなど、無意識で行なっている動作が影響している場合が多いのです。

小さな負荷の積み重ねが結果として「糸が緩くなる事」「取れやすくなる事」に繋がってしまいます。これらは若年層の方にも起こる現象なのですが、術後の経過が長い程、起こりやすくなる症状の1つでもあるのです。

また、目元のたるみが進行する影響で、二重幅が狭くなったり、ラインが薄くなる事があります。ただし、これは生まれつき二重まぶたの人にも同様に現れる加齢現象です。

「若い時はハッキリとした二重だったのに、年をとったら三重になった」「朝だけ二重になっている」という話しを聞いた事がありませんか?このような場合、まぶたのたるみや、体が水分を溜め込みやすくなる。などの加齢に伴った変化が原因です。

埋没法を受けたからといって将来的に特別な症状が現れる事は基本的にありません。

切開法で施術した場合

切開法で考えられる老後の状態も埋没法と同様「二重のラインが薄くなる事」が挙げられます。前項で説明しましたが、切開法は埋没法と違い、二度と戻らないようにする前提で行う手術です。「切る」「縫う」「抜糸する」の行程で進められ、腫れが強くその分ダウンタイムも長くなります。

修正手術を行なっても、完全に元に戻す事や、理想通りの修正を実現する事が困難になるというデメリットがあるのです。しかし、これらは大きなメリットでもあります。埋没法のようにいつ外れてしまうか解らない糸の存在を気にする必要がありません。

切開法で作った二重ラインはキレイに完治させた「傷」の様なイメージです。術後、完全に二重まぶたが完成した後は、体の部位と共に加齢し老化現象が起こります。しかし施術時にたるみや脂肪の除去を行なえば、再び同じ症状が出るまでの長い年月を「理想的なまぶたの状態」で過ごす事が出来るのです。

50代に必要な二重整形術とは

50代で施術を考える人の多くは、単純に二重まぶたになりたいというだけでなく、目元の「たるみ」や「しわ」など加齢に伴った皮膚の変化に悩みを抱えています。

そのため二重整形術とひとことに言っても、10代~20代の若年層とは必要な施術内容が異なってくるのです。中には「もともと一重まぶたがコンプレックスだった」という過去を持ち、50代になった今は「たるみによる二重まぶた」が1番悩み。

という方も実在します。まぶたという場所は体の中で一番先に老化現象が現れる場所です。目元の筋力が衰えると皮膚のたるみとなって現れ、脂肪が溜まり目立ちやすくなります。この状態が実年齢以上に見られる1番の原因です。

50代の施術希望者が理想とする「たるみのない自然な目元」を実現するためには、10代~20代の若年層とは違った対処を要します。

たとえば、皮膚切除でたるみを取る事や、まぶたの脂肪切除、眉下切開法など、他の施術を併用する事で目元にハリが見られ、若々しく華やかな印象になります。

目は顔の印象を左右する重要なパーツです。もし、自分の目元から「たるみ」がなくなったらどんな顔になると思いますか?いま流行の「幅の広い平行型の二重まぶた」ではなくても、それだけでかなり印象が変わりますよね。

二重整形は50代でも出来る|まとめ

二重整形術は50代の方でも十分な効果を得る事が可能です。ただし10代~20代の若年層とは違った問題を抱えており、解決法も異なります。

施術の種類は他の年代と何ら変わりはありません。後戻りや修正が出来る埋没法を選ぶ事も可能ですが、おすすめは切開法です。

多くの50代が抱える悩みには加齢に伴う「たるみ」が大きく関係しています。これを解決するには二重整形術だけでなく、まぶたの皮膚切除や脂肪切除など他の施術が必要です。

切開法と同時に行える事のメリットも多く、施術回数が少ない方が当然、体への負担も軽減されます。もちろん、時間とお金が必要となり、痛みを伴いますが埋没法を受けた後に他の施術を受ける事も可能です。

50代で施術を受け、その先の人生を考えたとき、再び施術前の状態に戻る事が予定されていないのなら、切開法で施術を受けるメリットは大きいのではないでしょうか?1度の施術で加齢が原因とされる症状の改善を同時に行なえ、その効果が半永久的に持続するのです。

術前のカウンセリング時には将来的な事を踏まえた上で、メリット・デメリット、リスクの説明を受ける事が大切です。老後に対して不安を抱えている場合はその旨も伝え、具体的な対策や、後に必要性が考えられる施術についても確認しておきましょう。