メザイクを使わない絆創膏を使った自力二重の方法とは?


日本人の7割が一重まぶたであると言われております。これは日本人のルーツがモンゴル系で蒙古ヒダがあるために一重さんや奥二重の方が多いのです。今回は、自力で二重まぶたを作る方法について紹介します。

二重まぶたが出来る仕組み

欧米人は蒙古ヒダがないので、上の写真のような幅広の平行二重の方が大半です。ここでは二重まぶたが出来る仕組みについて解説します。

二重ラインは皮膚が折りたたまれたシワ

二重 外国人まぶたの開け閉めは、まぶたの上部にある上眼瞼挙筋という筋肉につながった腱膜を引き上げて、まぶたを開閉します。このまぶたを持ち上げる筋肉はまぶたの裏側のピンク色の結膜に張り付いています。まぶた裏側にある眼瞼挙筋と表側の皮膚の間に連結があると、連結部分の皮膚が引っ張られます。このときに皮膚が折りたたまれてシワになるのが二重まぶたです。

一方、一重まぶたの方は、二重まぶたのような連結が存在しないか?蒙古ヒダにより逆方向に上まぶたが引っ張られて、皮膚は折りたたまれない状態になります。これが一重まぶたが出来る仕組みです。また、奥二重の方は上記の連結が弱いか、蒙古ヒダにより逆方向に引っ張れて上手く皮膚が折りたたまれない状態です。

バンソウコウを使った自力二重の方法

アイテープやファイバーなどの二重アイテムの仕組みとしては、アイプチはのりで上まぶたの皮膚を張り付けてまぶたに折り目をつけます。ファイバーは、上まぶたにファイバー糸をくい込ませて折り目を付けて二重ラインを作ります。

アイテープ代わりにバンソウコウで二重ラインを造る方法

絆創膏 二重 やり方

バンソウコウでも二重ラインは作れます。バンソウコウを使って二重ラインを作る方法は下記になります。

  1.  画像のようなバンソウコウで透明タイプを使用します。両はしの部分を2ミリづつカットしてください。
  2.  鏡を見ながらアイテープ用のプッシャーやピンセットで希望の二重ラインのクセつけをします。
  3.  ピンセットなどを使用して、二重ラインにバンソウコウの上側が来るようにピタリとバンソウコウを張りつけます。
  4.  最後に指先で二重ラインをなぞって、上まぶたに押し込めば二重ラインが完成します。

二重ラインをキープするには?

二重アイテムは通常アイメイクを落とす時に一緒に外します。アイプチなどの二重のりはかぶれる心配もあるので、早く落とした方が無難です。ファイバーなどは、キツクまぶたを締め付ける方もいて、違和感が出て長時間使用できない方もいます。その点バンソウコウなら、数日間肌に貼ったままを想定して作られているので、数日間の二重ラインキープも可能です。

二重ラインをキープしてクセ付けするには、クレンジングが必要ないようにアイメイクはせず、寝るときもそのままバンソウコウを付けて寝ます。この一度造った二重ラインをシワのようにクセつけしてしまえば、自力二重に近づきます。一度造ったラインをトレースして繰り返し作れば、シワになるのと同じ要領で自力二重ラインが出来上がる可能性もあります。

バンソウコウで自力二重の注意点

バンソウコウを使った自力二重の方法は、二重ラインのある奥二重の方に向いている裏技かもしれません。しかし、クセづけでシワを造るような方法なので成功する確率は低いようです。ファイバーやアイテープを使っても二重ラインがすぐ取れてしまうような、蒙古ヒダがある一重の方には向いておりません。

また、睡眠時もバンソウコウを貼った状態になるので、違和感があったり、睡眠の妨げになる時は、使用を中止してください。睡眠は美容の元と言われるほど重要です。

ポイント自力で二重ラインを作る方法は、主に二重ラインのある奥二重の方に有効かもしれません?しかし、リスクもあり成功率は低いようです。アイテープやファイバーで二重ラインを作ってもすぐ取れてしまう一重さんには向かないはずです。現在は美容クリニックの埋没法なら両目1~3万円前後で、切らない二重整形が受けられます。毎日の二重アイテムを使った二重作業にウンザリしている方は検討してみてはいかがでしょうか?

その他の目ザイクを使わない自力二重の方法

二重ラインは皮膚が折りたたまれたシワです。シワはクセがついて元に戻らない状態です。水泳でクッキリ二重が出来るとしたらどうしますか?

水泳は自力二重を造る?

東洋人の水泳選手を見ると、一重まぶたか?白人のようなクッキリ二重に分かれているのに気づかれた方もいる筈です。これは、有名水泳選手が二重整形経験者なのではありません?水泳選手はゴーグルをつけている時間が長時間に及びます。このゴーグルが目元に食い込んで、クッキリした二重ラインを作っている可能性があります。

奥二重の方は、プールにいる時間帯は水泳をする時以外も、ウォーキングや水中エアロビクス、プールサイドで休憩している時もゴーグルをつけたままでいれば、クッキリ二重になるかもしれません。

自力二重の方法(まとめ)

バンソウコウで自力二重を造るのはマユツバかもしれませんが?水泳のゴーグルで二重ラインを作るのは、良い方法かもしれません。水泳の場合、二重ラインは出来なくても?ビューティ&ヘルスには有効です。外見だけに囚われず、身体の中からも美容に繋げましょう。

筆者紹介大手エステチェーン2社にて店舗開発の責任者として200店舗以上の出店業務を担当、日本でレーザー脱毛が普及し始めた90年代後半には、美容外科クリニック開設業務にも携わる。美容業界専門行政書士・AJESTHE美肌エキスパート(日本エステティック協会)


error: Content is protected !!