一重&奥二重さん必見!春夏秋冬の目元スキンケア要注意事項

一重&奥二重さん必見!春夏秋冬の目元スキンケア要注意事項
目元は、皮膚も薄くデリケートな部分です。また、アイメイクで酷使されている部分でもあります。特に、一重さんや奥二重さんは、アイプチやアイテープなどの二重アイテムを使用する方も多いと思います。そんな、一重さんや奥二重さんの為に目元スキンケアをレクチャーします。

春の目元スキンケア

春は花粉症などアレルギー体質の方には辛いシーズンですね。特に目元が痒くて擦ってしまう方は、目元トラブルに繋がります。目元の老化原因は摩擦と紫外線がツートップです。アレルギー体質の方は、花粉対策は万全に行いましょう。

春は環境が変わる季節

春冒頭でも触れたように、一重さんや奥二重の方は、二重ラインを造るために二重アイテムを使う方も多いうようです。アイプチななどの二重のりはアレルギー体質の方は、まぶたがカブレてしまう方もいます。また、ファイバーなどは、まぶたに食い込ませるので、摩擦が起き目元トラブルに繋がる方もいます。二重アイテムは目元に負担がかかっている訳です。

春は環境の変わるシーズンです。大学進学や就職、転勤、転職といた大転換期でもあります。一重さんや奥二重の方には、まわりにバレずに二重ラインをゲットするチャンスです。美容クリニックで二重埋没法のカウンセリングを受けるにはベストシーズンかもしれません。

夏の目元スキンケア

夏は一年で最も紫外線の降り注ぐ季節です。真夏の8月よりも梅雨明け前の7月が紫外線のピークです。また、曇っていても紫外線はお肌に到達しています。UVケアは万全に行いましょう。

夏の目元スキンケア

夏夏の目元トラブルは、紫外線の影響が大半を占めています。UVケア化粧品は、お肌の負担になるので成分チェックが必要です。最近は、自然由来の成分で出来たUVケア化粧品もオーガニックコスメブランドから出ています。また、目元は帽子やサングラスを使用すれば目元のお肌に負担を掛けずUVケアできます。

夏は、紫外線ダメージやアフター5の女子会などで目元に負担が蓄積されやすい季節です。週1回のパックを、目元中心に3日に1度のペースで行いましょう。シミ予防に効果のある美白化粧品や、シワ取り効果のあるアイクリームを普段より多目に使い目元ケアを行います。

夏の目元はスプーンマッサージ

手でマッサージすると、指先に力が入り摩擦が生れ目元に圧や負担が掛ってしまいます。摩擦や余計な力が入らないようにスプーンマッサージを紹介します。

目元スプーンマッサージの方法

  1. 普段食事で使うスープ用スプーンを用意します。
  2. 用途に合わせてスプーンを、氷水(シミ)又は、お湯(クマ)に浸します。
  3. 普段お使いのアイクリームや美容液を目元に延ばします。
  4. 下まぶたから、スプーンの背面を使い、目頭から目尻に向かって外側にすべらせます。上まぶたも同じように行います。
  5. 今度はスプーンを小刻みに上下(ジグザグ)に動かしながら、④の動作を行います。

上記の動作を3回繰り返します。

ポイント目元のシミやシワを消そうと高級美容液やクリームを使って自己流マッサージを毎日している方も多いと思います。しかし、出来てしまったシミやシワは自己流マッサージやコスメでは殆ど消えません。逆にシワが増えたり、まぶたが上がらなくなる眼瞼下垂症に繋がってしまうかもしれません。眼瞼下垂症は40代以降に起きやすい目元の症状です。若い方の間で、眼瞼下垂症の手術が保険適用になることを利用して、二重まぶたにする裏技がネットで話題になっているようですが?眼瞼下垂症の保険適用手術は切開手術のみです。切開手術なので手術費用は20万円以上します。保険適用で3割負担になったとしても5万円以上は掛かります。切開手術では仕上がりが気に入らない場合、簡単には元に戻せません。現在は、美容クリニックの二重埋没法なら両目1万~3万円です。美容的な仕上がりを求めるなら二重埋没法が安全で確実です。

秋の目元スキンケア

秋秋になると、夏のダメージの蓄積で、目元のクスミや目の下のクマが気になるという方もいるはずです。目元の疲れがシミやシワにならないように、秋の目元スキンケアも重要です。美白化粧品、シワ取り効果のあるアイクリームや美容液でアイケアを行いましょう。

【秋の目元スキンケア方法】

  1. クレンジング&洗顔で目元のメイク汚れや皮脂を落とします。
  2. くすみが気になる場合は、ゴマージュやスクラブ洗顔を行いましょう。
  3. クスミやシミが気になるなら美白パックを行います。
  4. 美白パックの後に、さらに保湿化粧水をコットンに含ませて、目の下に貼り目元コットンパックも行いましょう。
  5. 就寝中も付けて睡眠が可能な、目元専用美容液マスク(パック)を付けて就寝すれば、翌朝は目元がスッキリしているはずです。

※一重さんや奥二重さんは、寝ている間に形状記憶が出来るアイテープや二重のりを使用する方もいるかもしれません?しかし、睡眠は目元の美容に直結します。目元に負担のかかるアイテムは使用しない方が賢明です。

冬の目元スキンケア

冬冬は空気が乾燥して、目元にも負担が掛ります。お肌の乾燥はシワに直結します。冬はいつも以上に目元の保湿を心がけましょう。

【冬の目元スキンケア方法】

①洗顔

洗顔料はお肌が乾燥しているので、刺激の少ないムースタイプの洗顔料を選びましょう。まず、ぬるま湯で顔全体を濡らしてから、水で洗顔しましょう。冷たいからといって熱いお湯で洗顔するのは目元が乾燥してシワに繋がります。

②化粧水

化粧水は、保湿系ローションを選びましょう。手のひらに適量とって、顔全体に馴染ませます。目元は軽く抑えて浸透させるようにします。

③美容液&クリーム

コラーゲン&エラスチンが入った保湿美容液やクリームを使いましょう。まず、顔全体に美容液やクリームを塗り、顔の中心から外側に向かってクルクルと指先を回転させ小さい円を描きながら、軽くマッサージする感覚で美容液やクリームをお肌に馴染ませます。

まとめ

目元はデリケートなので季節に合わせた目元スキンケアを行いましょう。一重さんや奥二重の方は、目元に負担のかかる二重アイテムの使用は程々にしておきましょう。どうしても、毎日!二重ラインが必要な方は、美容クリニックでの二重埋没法を検討してみてはいかがでしょうか?

筆者紹介大手エステチェーン2社にて店舗開発の責任者として200店舗以上の出店業務を担当、日本でレーザー脱毛が普及し始めた90年代後半には、美容外科クリニック開設業務にも携わる。美容業界専門行政書士・AJESTHE美肌エキスパート(日本エステティック協会)


error: Content is protected !!