埋没法で使われる糸が見えて違和感はない?糸は最終的にどうなるのか

 

埋没法で使用する糸は、医療用の特殊な細いナイロンの糸を使用します。糸がまぶたに残ったままで違和感はないのか?心配な女子も多い筈です。そこで今回は、埋没法で違和感が出る場合、埋没法の糸は最終的にどうなるのか?埋没法の糸について解説します。

筆者紹介大手エステチェーン2社にて店舗開発の責任者として200店舗以上の出店業務を担当、日本でレーザー脱毛が普及し始めた90年代後半には、美容外科クリニック開設業務にも携わる。美容業界専門行政書士・AJESTHE美肌エキスパート(日本エステティック協会)

埋没法で違和感が残るのは何故?

埋没法で違和感が出る場合は、手術による腫れが原因で起こる違和感が大半です。埋没法は、腫れは起こりずらく、腫れても1~3日以内に腫れがひく方が殆どです。腫れが引けば違和感もなくなります。しかし、腫れが原因でない違和感もあります。

埋没法は腫れがひけば違和感は解消

埋没法の二重整形を受けた直後に違和感があるのは腫れによるものです。埋没法は、腫れや痛みは出にくいと言われていますが、針を使って糸をまぶたの中の筋肉や組織に通す訳です。医療用の特殊な細いナイロンの糸を使用しますが、皮膚には穴が開き、極細でも糸を通す訳ですから、腫れや違和感が出る場合もあります。

しかし、埋没法は、切開法のように抜糸の必要もなく、まぶたを切開する訳ではないので、腫れが残るのは1~3日、長くて1週間前後で腫れがひく方が殆どです。腫れが弾けば違和感もなくなるのが通常です。

埋没法の糸を強く締め過ぎて違和感が残る

埋没法は腫れずらく、違和感が残ることは殆どないと言われております。しかし、中には目ザイクのファイバーで思いっきり二重ラインを作った時のような?つっぱり感や違和感が残る方もいます。この原因の多くが、糸が緩んで外れないようにする為に、糸を強く締め過ぎたのが原因です。埋没法のクイック法が流行り始めた20年くらい前は、糸を強く締め過ぎて違和感が残るケースは頻繁にあったようです。

埋没法の術式により違和感が残る

埋没法はクリニックによって術式が違います。クイック法と言われる短時間に手術が終了する埋没法の多くがまぶたの裏側にある瞼板に糸を通し、まぶたの裏側(結膜側)で糸を留めます。と言ってもまぶたの裏側に糸は出ていません。現在の埋没法の多くが糸が皮膚から見えない完全埋没法を採用しています。しかし、瞬きやアイメイク、目元のマッサージなどで、糸が切れたり、糸がまぶたの裏側に出てしまう場合があります。これが違和感の原因になります。

まぶたの裏側に糸が出てしまうと眼球の角膜を刺激してしまい、角膜を傷つけてしまう可能性もあります。違和感や痒みが出たら、擦ったり掻いたりせず、すぐ手術(埋没法)を受けたクリニックへ相談しましょう。

埋没法はクリニック選びが重要

上でも少し紹介したように、糸を強く締め過ぎると違和感が残ります。逆に糸の締め方がゆるいと、糸が外れたり切れたりする可能性が高くなります。埋没法の手術は簡単ですぐ終わると言われています。しかし、医師の経験と技術の差が出る手術でもあるのです。

埋没法の手術件数の多いクリニックや医師を選ぶ

埋没法の手術が受けられるクリニックは美容外科といった美容クリニックです。今世紀に入り、レーザー脱毛などのレーザー治療器の普及により、皮膚科や美容皮膚科から美容外科の治療も行うクリニックが増えたことにより、簡単な手術と思われる埋没法やフィラー注入(ヒアルロン酸やボットックス注入など)いわゆるプチ整形で事故が起こるケースも出ています。

埋没法もクリニックや医師によって、使用する糸や針が違い、糸を通す組織や糸を留める数、糸を結ぶ箇所が違います。特に糸の締め具合によっては、糸が切れたり外れたり、違和感が残ってしまうケースも出てきます。埋没法の手術件数の豊富なクリニックや医師に任せるのが安全で確実です。

埋没法の糸は最終的にどうなるのか?

埋没法は抜糸をしないで、糸をまぶたの中に残し、糸の作用によりまぶたが折り重なるようにして、二重ラインを作ります。では、糸は最終的にどうなるのでしょうか?

埋没法の糸は永続的に残る

埋没法はまぶたの中に残った糸の作用により二重ラインをキープします。埋没法で使用する糸は医療用の特殊なナイロン製の糸です。ナイロン製ですので、糸を抜き取らない(抜糸)限りまぶたの中に糸が残ります。埋没法は切開法のように、縫い付けて組織を癒着させる手術ではない為、抜糸したら二重ラインは無くなってしまいます。また、リフトアップで使う糸のように、自然に皮膚の中で消えてなくなる事はありません。

埋没法のメリットとして抜糸すれば、元に戻ることが挙げられます。これは、二重ラインの幅が気に入らなかったり、二重まぶたが思ったより似合わなかった時に、二重ラインを作り直したり、元のまぶたに戻すことが出来る利点があります。

抜糸する時の注意点としては、上でも紹介しているように、埋没法はクリニックや医師によって、糸の通し方や留め方が違います。場合によっては、埋没法を受けた医師でないと、簡単に抜糸出来ないケースも出てきます。糸のかけ直しや抜糸は埋没法を受けたクリニックや医師に任せるのが安全で確実です。

埋没法で使われる糸について(まとめ)

埋没法で二重整形を受けた後に、まぶたの中の糸は抜糸しない限り永続的にまぶたの中にのこります。さらに、埋没法は二重まぶたの持続期間が3~5年と言われております。アフターケアや再手術のケースも想定して、クリニックや医師選びは慎重に行いましょう。



error: Content is protected !!