埋没法でデカ目になれる?クリニックの二重術&デカ目術

白人やハーフのようなデカ目に憧れる日本人女子は多いようです。二重まぶたになればデカ目になれると思い、埋没法を検討している方もいるはずです。しかし、埋没法で二重になればデカ目になれるのでしょうか?今回は、二重埋没法でデカ目になれるか?クリニックでデカ目にする方法について解説します。

結論:埋没法は二重ラインを作る施術

二重埋没法は、二重ラインを作る施術です。二重まぶたになると目元の印象が劇的に変わる方もいます。しかし、瞳自体はそれ程大きくなっていないようです。

蒙古ヒダが大きな瞳の邪魔になる!?

日本人に一重まぶたが多いのは、日本人のルーツがモンゴル系で蒙古ヒダがあるからです。この蒙古ヒダは目頭に被さっているヒダです。上の写真を見ればわかるように、白人は蒙古ヒダがなく目頭に涙丘という三角の組織が露出しています。この蒙古ヒダがないため、クッキリとした幅の広い平行二重まぶたになっている訳です。
これに対し、日本人は蒙古ヒダがある為一重まぶたの方が多く、二重まぶたであっても奥二重の方が多いようです。これは、埋没法で二重ラインを作っても蒙古ヒダは残っている為、瞳が大きく見開く度合いは少なく、埋没法で二重ラインを作っても、それ程デカ目にならない理由でもあります。

眼瞼下垂症と大きい目の関係

みなさんは眼瞼下垂症をご存知ですか?眼瞼下垂症とは上まぶたが重く感じて、まぶたが大きく開かなくなる病気です。デカ目や二重埋没法とも関連している眼瞼下垂症にいて解説します。

眼瞼下垂症はデカ目の妨げになる

眼瞼下垂症は先天性と後天性があり、後天性の場合、高齢者に多い病気になります。まぶたの開け閉めは、まぶたの上部にある上眼瞼挙筋という筋肉の収縮によりおこなっています。また、まぶたの裏側には瞼板というかまぼこ板のような組織があり、瞼板は腱膜という薄い膜と繋がっており、この腱膜が上眼瞼挙筋に引っ張られてまぶたの開け閉めをしています。

瞼板に繋がっている腱膜は、足で言うところのアキレス腱のような組織で、切れたり外れたりすると足が動かなくなるのと同様に、まぶたの腱膜と瞼板が外れたり切れたりすると、まぶたが開かなくなってしまう訳です。人間は知らずにのうちに瞬きをしおり、1日に2万回前後も瞬きをしています。それ程まぶたを酷使している訳です。加齢やコンタクトの長期使用といった理由で、上眼瞼挙筋が伸びてしまったり、腱膜と瞼板が外れたりして、まぶたが上がらなくなる眼瞼下垂症に繋がるのです。

眼瞼下垂症手術と二重埋没法の関係

上で紹介したように、眼瞼下垂症の症状には二重埋没法で糸を通す瞼板や上眼瞼挙筋が関連しています。この為、目を大きく見開く為に、眼瞼下垂症手術と二重埋没法を同時に行うクリニックもあります。また、眼瞼下垂症手術は健康保険が適用される場合もあります。しかし、眼瞼下垂症と医師が診断した場合のみ保険適用になり、保険適用の眼瞼下垂症手術は、メスを使用した切開手術のみになります。
眼瞼下垂症の保険適用手術は、主に大学病院や眼科、形成外科といった病院でおこなわれており、保険適用の主旨からも美容的仕上がりは重視されません。これに対し、切らない埋没法による眼瞼下垂症手術は、保険適用外になり美容クリニックなどで行われております。

大きな目にするには切開法&目頭切開

上で紹介した眼瞼下垂症は高齢者に多く、眼瞼下垂症の手術を受けてデカ目になり、目元の整形手術をした?と間違われてしまい迷惑している高齢者もいるようです。クリニックでデカ目にするにはどんな手術があるのでしょうか?

眼瞼下垂手術と二重切開法

眼瞼下垂を治療する手術は、まぶたが下がるのを防いで、瞳を大きく見開く手術になりますので、デカ目に繋がる手術でもあります。また、二重切開法は、まぶたを切開して、脂肪や眼輪筋を切除するので、二重埋没法に比べるとデカ目効果は上がります。しかし、メスでまぶたを切開すると気に入らない場合、元に戻すのが困難です。二重切開法は慎重に検討しましょう。

目頭切開&目尻切開法

整形目頭切開は、メスを使用して目頭を切開する手術です。蒙古ヒダがある一重まぶたや奥二重の方に大きな瞳をつくるのに有効な手術です。蒙古ヒダをカットして縫合するのでデカ目効果が上がります。縫合方法はW形成術やZ形成術など数種類あり、なりたい目元に合わせて医師が判断してくれます。

目尻切開は、目尻を切開して横幅の大きい切れ長の瞳を造る切開手術です。白目の範囲内で切開するので、幅を大きくとる事は困難で、目頭切開のような劇的なデカ目効果は期待できません。目頭切開&目尻切開法ともに、顔全体のバランスに影響を与える手術なので、担当医師の経験とセンスが重要になります。医師選びは慎重におこないましょう。

クリニックの二重術&デカ目術(まとめ)

二重埋没法の施術を受けただけでは、それ程デカ目効果は期待出来ないようです。目元手術は顔全体とのバランスが重用です。その目元があなたに似合っているか?アイメイク&二重埋没法で試してみてから、信頼できる医師のもとでデカ目対策を検討しましょう。

筆者紹介大手エステチェーン2社にて店舗開発の責任者として200店舗以上の出店業務を担当、日本でレーザー脱毛が普及し始めた90年代後半には、美容外科クリニック開設業務にも携わる。美容業界専門行政書士・AJESTHE美肌エキスパート(日本エステティック協会)


error: Content is protected !!